思春期ニキビ 治す方法

思春期ニキビを早く治す方法|小・中学生・高校生の為の洗顔ケア

10代の思春期ニキビを治す方法は柔らかい泡でアクネ菌をゴッソリ落とす事!

 

顔中にニキビのブツブツが広がって、
人に見られるのがイヤでたまらない...
ちゃんと洗ってるのに全然治らない。

 

こんな風に悩んでいませんか?

 

現在、ニキビが治らないと悩んでる人は、
正しい洗顔ができていない事が原因です。

 

思春期ニキビを治す方法はシンプル。

 

現在の洗顔を見つめなおし、思春期の肌に
合った洗顔をする事で早く治っていきます

 

⇒市販品で一番効果のある洗顔は?

 

思春期ニキビを治す方法メニュー

 

使ってはいけない洗顔 5つの項目

正しい洗願 7つの条件

市販品で一番効果のある洗顔は?

顔全体が赤くなってる場合の治し方

使ってはいけない洗顔 5つの項目

高校生のニキビを治す6つのポイント

思春期の背中ニキビの治し方

 

思春期ニキビを治すのは洗顔料しだい

 

中学生や高校生の思春期ニキビは、大量に
分泌される皮脂詰まりが原因です。

 

10代の体は成長期に入ると、体が大人へと
変化する為にホルモンバランスが変化して、
皮脂(ひし)というアブラが大量に出ます

 

思春期ニキビを治すには、毎日の洗顔で
毛穴に詰まった皮脂を確実に落とす事。

 

洗ってるのにニキビが治らないという人は、
毛穴の奥に皮脂が残ってしまってる状態です

 

これは、今現在使ってる洗顔料では
皮脂が完全に落とせてない証拠。

 

思春期ニキビを確実に治したい場合は、
無添加で肌に刺激がなく、毛穴の奥の奥から
皮脂や汚れを落としてくれる洗顔が必要です

 

 

⇒毛穴の奥の皮脂残りが原因だからこそ...

 

思春期ニキビを治す方法って?

 

思春期ニキビはどうやって治すのか?
ちゃんと洗顔してるのに〜(汗)

 

 

10代の思春期ニキビを治すには
毛穴の奥にこびり付いている皮脂や
アクネ菌をキレイに落とす事。

 

10代の活発な皮脂はアクネ菌を繁殖させ
毛穴の奥に常駐してしまいます。

 

洗ってるのに治らないとお悩みの人は、
毛穴の奥の皮脂が落としきれてない状態。

 

思春期ニキビをキレイに治すには、
毛穴の奥にこびり付いた皮脂をいかに
キレイに落とせるかがポイントです。

 

 

そこで大切なのが
モコモコの弾力のあるキメの細かい泡で、
刺激を与えないように、毛穴の奥まで洗う事

 

中学生や高校生の思春期ニキビのある肌には
スクラブ入り洗顔料は基本、NGです。

 

刺激が強すぎますし、毛穴奥の皮脂や汚れを
キレイに除去する事ができません。
スクラブが毛穴の表面で邪魔をします。

 

 

10代の思春期の肌は、キメが細かく、
毛穴がまだ小さいのが特徴。
また、刺激に弱い敏感肌の時期でもあります

 

思春期のニキビケアは、毛穴の奥にたまった
皮脂や汚れを毎日キレイに落としつつ、
うるおい成分で肌を守る事が必要です。

 

思春期ニキビを治すには、ニキビ専用石鹸の
固い弾力のある泡で洗う事が大事。

 

皮脂除去に優れたキメの細かい泡が、
思春期の小さい毛穴の奥をキレイにして、
敏感な肌を傷付けずにニキビを治します。

 

 

⇒思春期ニキビに最適な洗顔料の泡|動画を作りました

 

 

10代の思春期ニキビは過剰な皮脂分泌

 

中学生や高校生、早ければ小学生の頃から
ニキビは発生します。

 

思春期ニキビの大きな原因は
皮脂(ひし)の過剰分泌による毛穴詰まり。
皮脂が詰まってアクネ菌が増殖し炎症します

 

だから10代のニキビ肌はヌルヌル状態。

 

ただ、ヌルヌルの肌がダメな訳ではなく、
毛穴の奥に皮脂が詰まったままの状態に
しておくのが一番危険なのです。

 

 

肌がヌルヌル・ギトギトしてる10代の肌は
皮脂の除去に力を入れる事が重要です。

 

ただし、「皮脂のヌルヌルを取るぞ!」と
洗顔をし過ぎてしまったり、
ゴシゴシ洗ったりするのはいけません。

 

また、「乾燥させればいいんでしょ?」と
肌がカサカサに乾燥してしまう
洗願料も逆効果になるので注意が必要

 

大事なのは、毛穴の奥の皮脂を残さない事

 

毛穴の奥の皮脂をキレイに除去しつつ、
肌のうるおいを保つ洗顔が大事なんですね。

 

 

⇒肌に優しいニキビ専用洗顔|実際に使ってみました

 

 

思春期ニキビに泡洗顔が効果的な理由

 

炎症してるニキビに刺激を与えると逆に
悪化して赤みが増します。

 

皮脂除去が大事だからとゴシゴシ洗ってる人
のニキビが治らないのは刺激が原因。

 

洗顔時の摩擦(まさつ)は10代の敏感な
肌には悪影響を与えるだけなのです。

 

だからモコモコの弾力のある泡で、やさしく
押さえるようにして洗う必要があります。
例えるなら、顔と手で泡をはさむ感じ。

 

泡洗顔は刺激を与えないから効果的なんです

 

 

⇒ただし、毛穴の奥まで入り込む泡が必要

 

 

思春期ニキビを治すには肌にやさしい洗顔料を使う事

 

思春期の肌は大人の肌と違い、
まだまだ敏感で、刺激に弱い時期。
刺激の強い洗顔料は逆効果になります。

 

この時期に大切なのは、

  • 毛穴の奥まで皮脂をキレイに除去
  • 洗顔時に刺激を与えない事
  • 洗顔後もうるおいを保つ事

皮脂を取る事が一番大事なのですが、
洗顔の際、ニキビに刺激を与えるのはNG

 

ですから、保湿効果の高い弾力のある泡
おさえるように洗う事が重要になってきます

 

 

弾力のある泡で皮脂をキレイに落とし、
常に清潔な状態とうるおいを保つ事で
ニキビを早く治す事ができます。

 

この洗顔方法は思春期ニキビケアの基本です

 

今だけでなく、これからもニキビの無い肌を
作るには、毛穴奥の皮脂をスッキリ落とし、
うるおいを与えてくれる洗顔料が必要です

 

だからこそ、皮脂除去に優れ、保湿効果の
高い、洗顔料が必要になってくるのです。

 

10代の肌は新陳代謝が活発に働いてるので
使う洗顔料次第で早く治す事ができます。

 

 

⇒ニキビを治す薬用石鹸の泡|動画を見る

 

洗顔料を選ぶ時のポイント

 

  • 皮脂除去に優れてる事
  • 毛穴奥まで入り込む洗顔料
  • 弾力のある泡を簡単に作れる物
  • 肌にやさしい薬用成分配合
  • 保湿効果が高い物

 

この条件にあった洗顔料を使う事で
思春期ニキビは短期間で治っていきます。

 

 

ほんのちょっとでモコモコの泡立ち

⇒どんな泡なのか動画にしました。

 

 

石鹸の泡ならなんでもいいの?

 

たまに牛乳石鹸や薬用ミューズで洗うと
ニキビが治ると思ってる人がいますが、
非常に危険なので注意が必要です。

 

ミューズは殺菌効果に優れた石鹸です。
手のバイ菌落としには非常に効果的ですが、
顔に使うと刺激が強すぎてバサバサ。

 

また牛乳石鹸やその他の家庭用石鹸も同様で
保湿効果がありません。

 

ニキビに一番危険な乾燥状態を招きます。

 

実際にやってみると分かりますが、
洗顔後、カサカサになってしまいます。
泡も水っぽい状態で肌に吸着しません。

 

 

⇒実際に使ってる石鹸の泡|数回でモコモコ

 

 

治りやすく、悪化しやすい思春期ニキビ

 

思春期ニキビは毛穴奥の皮脂除去をして
あげる事で比較的簡単になおります。
原因がシンプルなので治りも早いのです。

 

ただ、逆に放置していたり、合わない洗顔を
使いつづけると、急速に顔中に赤みが広がり
赤ら顔やニキビ跡に発展しやすいのです。

 

皮脂分泌が活発で、敏感な肌の時期ですから
ニキビの炎症の広がりが早いんですね。

 

思春期ニキビを治す方法はシンプルです。
肌にやさしい泡で毛穴奥の皮脂を除去する事

 

現在、ニキビの赤みが治らないという人は
今使ってる洗顔料が合っていない証拠です。

 

 

⇒だから毛穴の奥まで入り込む洗顔が必要

 

 

ニキビが無くなるとこんなに違う

 

ニキビは人に見られてしますので、
10代の思春期の人には大きな悩み。
この年頃は見た目ってホントに大事。

 

キレイな肌だと顔がキレイに見えるから、
クラスでも人気が出てきたりするんですよね

 

自分に自信ができると、友達もたくさん増え
ますし、笑って過ごせるようになります。
好きな人とも笑って話したいですもんね。

 

いつも笑顔。これこそ楽しさの秘訣です。

 

 

⇒悩みを無くしたい|弾力泡の吸着力で解決

 

 

思春期ニキビケア洗顔石鹸|日本人の肌専用に作られた石鹸

 

思春期ニキビを治すには、モコモコの弾力泡
で毛穴奥までキレイにして、優しく洗う事。

 

4倍の弾力泡の微粒子が皮脂を吸着

 

ちょっと固めのモチモチ泡が、10代の敏感
で小さい毛穴に入り込み、皮脂を除去して

 

リピジュア・ヒアルロン酸配合のうるおいを
与える成分が日本人の弱い肌を守ります。

 

7万人のデータを元に作られた洗顔石鹸です

 

 

⇒実際に使った感想|泡立ちの凄さを動画にしました

 

 

洗顔石けん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

思春期ニキビを早く治す方法をご紹介。中学生や高校生になると、ほとんどの人がニキビが出来てきます。この時期に出来るニキビを思春期ニキビといい、場合によってはかなりひどくなるケースもあります。思春期ニキビは誰でもできるから問題ないと思っている人もいますが、それは大きな間違いです。思春期ニキビだって、大人ニキビと実は変わりません。思春期ニキビだから治りやすいとか、治りにくいとかないんです。結局、ニキビはニキビです。放置していれば、ニキビが進行して、ニキビ跡にもなりますし、クレーターニキビのように、凸凹のボコボコの肌にもなりやすいです。こうなる前に思春期ニキビは治しておかないと、この先ずっとニキビ跡で悩む事になります。ではどのようにすれば、思春期ニキビを早く治す、消す事ができるのでしょうか?まず、思春期ニキビにしろ、大人ニキビにしろ、改善する為に一番大事な事は洗顔を見直す事です。ニキビができる原因の一番は肌、毛穴に詰まった汚れや皮脂、化粧品です。スキンケアで一番重要な洗顔で本来ならば、完全に汚れを落とすべきなんですが、実はそれが出来ない人ばっかりなんですね。さらに、ニキビ改善を書いてある物なら何でも良いと思い、市販の安い洗顔料しか使った事がないという人は多いのですが、じつは、このような物には脂分を落とす為に逆に肌を傷めてしまうだけの洗顔料が非常に多いのです。思春期ニキビの改善に一番効果があると言われているのは、固形の石鹸です。固形の洗顔石鹸は液状のニキビ対策洗顔とは違い、まず、泡をたててその泡だけで洗顔します。実はこのプロセスが一番重要なんです。泡で洗う洗顔石鹸の場合、液状の洗顔料と違い、ゴシゴシとこする為、肌を傷付けてしまい、肌荒れの原因を作ってしまいます。とくに中学生や高校生のような肌がまだ敏感な時期はその潤いを残す事が非常に大事になってきます。せっかくのプルプル肌を洗顔で傷付けてしまっては、成人してからの肌がボロボロになってしまい、大人ニキビを出来やすくしてしまったり、ニキビ跡やクレーターニキビの原因になってしまいます。にきびが治るニキビ専用石鹸は肌の炎症を抑え、ニキビの原因となるアクネ菌を殺菌してくれます。また、固形の洗顔石鹸をご購入する際はキチンと日本人の肌に合った物を使いましょう。とくに、日本人は敏感肌の人が多いので、敏感肌用の洗顔石鹸を選びましょう。このニキビ対策石鹸は思春期ニキビだけでなく、鼻や口の周りのニキビや吹き出物にも効果を発揮します。モチロン、ニキビ予防には最適です。誰もが経験する思春期ニキビでは早めの改善が非常に大事なんですが、できればブツブツがひどくなる前、赤ニキビが発展し、顔全体が赤くなる前に改善に取り組んだほうが良いのです。大人ニキビ以上に思春期ニキビは進行が早く、顔全体に広がるスピードが速いです。あれ?ちょっとニキビが増えてきたな?なんて思っていたら1週間後には顔全体がブツブツのニキビだらけになってるなんて事はザラです。こうなったらニキビをキレイに消すまでの時間が非常に長くなるので、洗顔をキレイにしていくとこれ以上ニキビをひどくしない様にできるのです。また、洗顔料は肌の脂汚れをキレイに落としてくれるものを選びましょう。最近では肌潤いを残す洗顔料とか美白効果があるなどといった洗顔料が増えてきてますが、基本的に洗顔料は流してしまう物なので、保湿や美肌効果は期待できないと考えなければいけません。洗顔料はあくまでも洗顔料なんですから。このような事を考えていくと結果的に固形の石鹸が一番のオススメになります。一番シンプルで一番汚れや脂分を落とす事ができるからです。たとえば、しっとり洗顔の洗顔フォームには約30%の脂分しか入っていませんが、固形石鹸には5%程度の油分しか入っていません。ニキビに効果的な石鹸は洗いあがりが、キュッキュッととなる感覚で脂分をキレイに落としてくれます。洗顔料で一番の問題なのは配合されてる成分です。これはスキンケア、化粧品全てにおいて言える事です。例えば、クレームタイプや液状タイプの洗顔料は肌に優しいイメージで」販売されてますが、実は洗浄力が非常に弱いという欠点があります。さらに、保湿成分として、脂分を多く含んでる物が多いのです。その為、洗顔後の突っ張り感はありませんが、同時に脂分が肌や毛穴に残ります。このように、潤いを残したままの洗顔料はニキビ対策にはほとんど効果は無いと言えるでしょう。洗顔料は泡が経つ物が効果は高いのです。気になる思春期ニキビの早期改善は固形の洗顔石鹸がオススメです。

 

思春期ニキビで大切なのは、いかに肌を傷付けずに皮脂・アクネ菌を撃退していくか?これが重要になってきます。市販のビ○レやクレア○シルでは、皮脂は取り除いてくれますが、刺激が強すぎて保湿が出来きません。これでは肌に大きなダメージが残ってしまい、結果的に、ニキビの悪化につながります。10代のニキビケアは、たくさんのモコモコの泡でやさしく洗う事。朝と夜の2回、皮脂を落として保湿効果の高い石鹸の泡で洗うと驚くほど短期間に効果が出てきます。10代、とくに中高生の肌はとても敏感です。この頃の肌は非常に潤ってます。だから、皮脂が過剰に分泌してしまう時期なんです。ところが、一番肌質が敏感な時に、ゴシゴシと強く洗ってしまったり、刺激の強い洗顔料で洗うと今度は必要な皮脂分(潤い成分)まで剥がれ落ち、さらにニキビは悪化してしまいます・・・・。こうなると、赤い炎症ニキビのはじまりです。思春期ニキビで悩んでる人の多くはこの状態にハマりこんでしまいます。高校生のニキビは赤くブツブツが広がります。中学校の頃からニキビができ始め、高校生になっても治らないという人が多いのです。おでこや鼻はモチロン、ほっぺにまで広がって顔全体が赤くなると常に顔が真っ赤な状態になり、コンプレックスになります。皮脂分泌量の多い高校生の肌には正しいニキビの治し方があります。

 

思春期ニキビは誰でも出来るニキビではありません。10代、中学生や高校生の人が悩む思春期ニキビは肌質の問題もありますが、一番の原因は洗顔の方法や使ってる洗顔料の種類によります。脂分(皮脂)の分泌量が過剰な為に起こる思春期ニキビですが、皮脂を取り除く洗顔ならどれでもいいという訳ではありません。皮脂の除去に優れてる洗顔料を使っても、保湿効果がなければ、ただ肌荒れを引き起こすだけになるんです。これが中々治らない思春期ニキビの原因。異性や同性の目が気になる思春期なので早くニキビを消したいという気持ちが先走り、皮脂の除去、肌の乾燥にだけを焦点を当てているから逆にニキビが悪化するんです。10代のニキビを治す方法は実はシンプル。皮脂を除去と保湿を適度に保ち、常に清潔な状態を保つ事。洗顔に関してはこれだけでいいんです。後は、睡眠不足や食生活を和食中心に変えるなどの一般的な改善で短期間でよくなります。