ニキビを早く治す方法

思春期ニキビを早く治す方法|正しい洗顔手順7つの条件

思春期ニキビを早く治す方法|正しい洗願の7つの条件とは?

 

10代の思春期ニキビを治すには
正しい洗顔をする事で治りが早くなります

 

間違った洗顔を続けていると、どんなに
効果の高い洗顔料を使っても、十分な効果
は発揮されません。

 

思春期ニキビを早く治す為の洗顔方法は
いたってシンプルで簡単です。
シンプルだけど皆やってないから治らない。
ニキビを治す為の正しい洗願方法と
効果を引き出す7つの条件を解説します。

 

この7つの条件を満たす洗顔をするだけで
ニキビは早く治って行きます。

 

ニキビを早く治す方法は7つの条件を守る事

 

 

 

1.人肌のぬるま湯で洗う

 

2.10代の肌質にあう洗顔料を使う

 

3.洗顔ネットでモコモコの泡を作る

 

4.泡をTゾーンからのせて洗う

 

5.包みこむように優しく洗う

 

6.洗顔後のすすぎは優しく丁寧に

 

7.保湿・うるおいを心がける

 

 

 

ニキビを早く治す方法は
この7つの条件で正しい洗顔をする事。

 

思春期ニキビは毛穴の奥に皮脂が
詰まって、こびり付いてる事が原因。

 

10代の肌はホルモンバランスが活発で
皮脂の分泌量が非常に多いのです。
だからスグに毛穴が詰まるんですね。

 

思春期ニキビの洗顔方法は、
毛穴の奥の皮脂をキレイに取り除き、
肌にうるおいを保つ事で早く治ります。

 

正しい洗顔をするだけで中高生のニキビは
治っていきますから安心してください。

 

正しい洗顔7つのステップの解説

 

 

 

人肌のぬるま湯で洗う

 

ぬるま湯を使う事によって毛穴が開き、
毛穴奥にこびり付いた皮脂や、古い角質が
柔らかくなり落ちやすくなります。

 

※熱いお湯はNGです。ヒリヒリします。

 

 

10代の肌質にあう洗顔料を選ぶ事

 

ニキビを治す際、洗顔選びが一番重要です

 

10代の肌質は、皮脂分泌量は多いけど、
刺激に弱いという特徴があります。
ニキビが出来ている人は特に肌が敏感。

 

このようなニキビ肌に皮脂を取り除くだけ
の刺激性のある洗顔料はマイナス。

 

毛穴奥の皮脂をキレイに取り除き、
保湿効果のある洗顔料を使う事が必須です

 

 

洗顔ネットでモコモコの泡を作る

 

正しい洗顔の基本はモコモコの泡で
刺激を与えないように泡洗顔する事。

 

ニキビ用の薬用固形石鹸を使い、
洗顔ネットで弾力のある泡を作りましょう

 

弾力と粘り気のある泡を作る事が大事

 

 

泡をTゾーンからのせて洗う

 

顔のTゾーンは皮脂分泌量が一番多い所。
洗顔する時は、まず皮脂分泌の多い所から
泡をのせて、皮脂を吸着させます。

 

Tゾーン先行は正しい洗顔の基本です。

 

Tゾーンの後は、頬、口周り、コメカミと
皮脂分泌量の多い順に泡を乗せていく事。

 

これにより、毛穴奥に詰まった皮脂が、
より落ちやすくなります。

 

 

包みこむように優しく洗う

 

ニキビに刺激は厳禁です。ゴシゴシこする
と治るどころか逆に悪化します。

 

たくさんの泡でやさしく洗う事が基本。
ニキビ用石鹸を使ってるのであれば、
これだけで毛穴奥までキレイにできます。

 

弾力があり、微粒子の泡なら、毛穴の奥に
こびりついた皮脂を取り除けるんです。

 

 

洗顔後のすすぎ・拭き取りは優しく丁寧に

 

洗顔のすすぎはキッチリ行いましょう。
ただし、ゴシゴシこするのはいけません。

 

とにかく、ニキビに刺激を与えないように。

 

洗顔後は清潔なタオルで
押すようにやさしく拭きあげましょう。

 

 

保湿・うるおいを心がける

 

思春期の肌は非常に敏感です。

 

「皮脂が原因だから保湿はしなくていい」
と思う人も多いようですが、絶対にNG。

 

保湿効果のない洗顔をしていると
肌が乾燥し、ニキビの炎症は一気に広がっ
て、ニキビ跡に発展してしまいます。

 

保湿効果は、皮脂除去と同じくらい、
ニキビを治す洗顔で大事な事です。

 

 

実際に正しい洗顔をやってみました。

 

まずは固形石鹸をぬるま湯で濡らし、
洗顔ネットで泡立てます。

 

どの石鹸でもそうですが、水が多すぎると
泡の粒子が荒くなるので、ちょっと少なめ
のお湯で泡を作っていきます。

 

洗顔で大事なのは、とにかく弾力のある
モチモチの泡で洗う事。

 

泡の大きさは、ちょっと大きめで、
ゴルフボール3個分位が目安です。

 

この石鹸の場合、かなり泡立ちが良く、
弾力とねばり感が凄いので、
手を逆さにしても落ちません。

 

これくらいの弾力があり、微粒子の泡が
思春期ニキビケアでは絶対必要です。

 

 

⇒実際に使ってみた感想をまとめました

 

 

弾力のある泡でやさしく、やさしく洗う事

 

中高生などのニキビを治す時の洗顔は、
絶対にこすらない
包みこむように優しく洗う
事が重要です。

 

この2つは絶対に心がけてください。
まだまだ肌が弱く敏感ですからね。

 

次に、先ほど作った弾力のある泡を
Tゾーンから顔にのせ、広げていきます。

 

手と顔の間に泡がはさまってるという感じ。
この状態で泡を押すように洗います。
この時、絶対に手でこすらないように。
泡をのせておく時間は約30秒くらいです

 

※泡をのせておく時間は自分の肌質によって調節してください。

 

 

⇒ニキビを治す弾力泡|実際に使った感想をまとめました

 

 

うるおい・保湿効果が無ければダメ。

 

どんなに正しい方法で洗顔しても、
洗顔料自体にうるおい成分が無ければ、
乾燥してしまい、ニキビは治りません。

 

ニキビを早くキレイに治す為には、
●毛穴の奥までキレイに洗う事
●肌のうるおいを保つ事
この2つが絶対条件です。

 

ニキビは保湿が肝心と言われているのは、
うるおいのある肌はターンオーバーが
促進されるので、治りが早いからです。

 

洗顔料を選ぶ際は、必ず、うるおい成分が
豊富な物を使うようにしましょう。

 

 

⇒次ページ|実際に使って感想をまとめました